【Unity】タイムラインでカメラシェイクにアニメーションを付ける方法(2019.1.0f2)

f:id:Effect-Lab:20190602184650p:plain

 

こんにちは。

 

今回は、Virtual Cameraの「Noise」を使って揺らしているカメラにアニメーションをつけてみたいと思います。

 

Noiseでカメラを揺らす方法はこちらの記事で紹介しています。

 

今回はこの記事で作成したVirtual Cameraを使ってアニメーションを付けていきます。

 

 

アニメーショントラックを使って揺らしてみよう

新たにAnimation Trackを作り、そこに「CM_vcam1」をアサインします。
このカメラはNoiseで揺れるようにしたカメラです。

f:id:Effect-Lab:20190602190637p:plain

 


Animation Trackの録画ボタンを押し、CM_vcam1の「Cinemachine Virtual Camera > Noise」の下図パラメーターに適当なアニメーションを付けます。
今回は最初は振動無しから徐々に揺れて最後に揺れが治まるようにしてみました。

f:id:Effect-Lab:20190602190814p:plain

 

 

実行ポタンを押して確認してみましょう。結果が以下の状態です。 

 

これでカメラシェイクにアニメーションが付けられました!

 

アニメーショントラックを使えば、カメラの動きや揺れを自由にコントロールする事ができますよ!

 

 

2つのVirtual Cameraを使って揺らし方を変化させてみよう

次は揺れ無しと揺れ有りの2つのVirtual Cameraを用意して、トラック上でブレンドさせながら揺れ具合を変化させてみます。

 

Noiseの値の異なるVirtual Cameraを2つ用意します。

f:id:Effect-Lab:20190602191144p:plain

 

各カメラの値は下図のようにしました。

・CM vcam1:揺れ無し

f:id:Effect-Lab:20190602191228p:plain

・CM vcam2:揺れ有り

f:id:Effect-Lab:20190602191313p:plain

 


用意した2つのカメラをトラックに追加し、お互いが重なるように配置します。

f:id:Effect-Lab:20190602191415p:plain



この状態で実行ボタンを押してみましょう。
以下のように、揺れ無しの状態から徐々に揺れるアニメーションが再現できました。


 

これで2つのカメラで揺れに変化を付けられました!

 

 

今回は2つのカメラだけでしたが、3つ4つとカメラを増やす事で複雑な変化を付ける事ができますし、 引きのカメラから寄りのカメラへ遷移しながら徐々に揺れが強くなるという表現もできたりします。